知的財産業務

当事務所の知的財産(IP)業務は、シンガポールで最も長い歴史と最大の規模を誇り業界をリードしています。その実績は70年以上におよび、1930年代後期に商標登録所(当時の名称)が設立された際にシンガポールで初めてとなる商標を出願したのも当事務所です。


長年にわたってアジアで常に一流のIP専門家集団としての称賛を受ける一方、シンガポールにおける出願件数でも上位5位以内の市場ポジションを維持し、IP分野のトップとして揺るぎない地位を確保しています。

当事務所でIP業務を担当する弁護士は、それぞれがアジア弁理士協会(APAA)、シンガポール弁理士協会(ASPA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、国際商標協会(INTA)、ライセンス協会(LES)や国際薬品商標協会(PTMG)といった数々のIP分野における専門家団体の会員としても活発に活動しています。こうした専門家同士の連携や東南アジアに物理的に存在していること、そしてMULTILAWなど国際的法律ネットワークの一員であることによって、知的財産に関するクライアントのあらゆるご要望に対して「ワンストップ」のソリューションをご提供することができるのです。

当事務所のこれまでの実績:

  • 知的財産法、エンターテインメント法、デジタルメディア、インターネットおよびIT、電子商取引、メディア、ならびに広告の全般にわたる助言業務
  • シンガポール、マレーシア、ブルネイ、ベトナムおよびその他の東南アジア諸国における商標、サービスマーク、特許および意匠など知的財産権の調査、クリアランス(リスク管理や法規制順守を含む)、保護、管理および維持
  • さまざまな技術分野の特許明細書に関する助言およびドラフティング業務
  • 特許および商標の無効化、侵害や偽造の防止、禁止命令、捜索や差し押さえ命令などに関する民事および刑事訴訟ならびに執行訴訟
  • ドメイン名紛争およびインターネット著作権侵害への対応および交渉
  • 商標や技術の移転、ライセンス供与、代理店および販売店契約、フランチャイジングを含む知的財産権の商業化、実施およびライセンシング
  • 著作権の保護
  • 秘密情報、守秘義務契約
  • 企業秘密の取り扱い

Caricature of John Burkinshaw

数十年間、知的財産全般にわたる業務を多国籍の企業や事業向けに提供してきた実績により、今日最も優れた一流ブランドを抱える世界最大級の企業などがクライアントとして名を連ねています。現在も食品、飲料、ファッション、家庭消費財、電子機器、医薬品、化学薬品、石油化学製品、ホテル、コンピューターのハードウェア・ソフトウェア、メディア、エンターテインメント、航空業や自動車メーカーなどを含む世界最大級の企業の代理人を務めています。国内や多国籍の一流企業や事業、国内外の政府機関、教育団体や非営利団体、個人、遺産や信託も担当し、さらには国際メジャースポーツイベントにおける知的財産権保護を担当した実績もあります。